外人に教えたい日本語「たまさか」

久しぶりに自分のはてなを読んでみたが、よくこんなことを思いつく人がいるなぁとしみじみ感心したので、そうとう過去の自分から離れたんだなとうれしく思った。そして、同じ作業は継続中なので、過去の自分が今の自分を眺めると、とてもよろこびそうだ。
もっといろんな人に読んでもらってもいいと思う。単語と単語を日常的に組み合わせたはずなのに、脳内でいろんな化学変化が生まれる感覚を得られよう。
オレやっぱり自分スゴイと私は思う。

RUR──ロッサム世界ロボット製作所|カレル・チャペック:Carel Capek、訳:大久保ゆう|青空文庫|2013/11/07-11/08

rur.txt|P221|電|4
ボットに人権→人類絶滅

「超」怖い話Τ(タウ)|松村進吉|竹書房文庫|2013/07/06

「超」怖い話Τ(タウ) (恐怖文庫)
P222|自|4
ち着いた雰囲気。あるいは、書いて出版できる要素がとても少なくて困っている

続きを読む

「超」怖い話Φ(ファイ)|加藤一編著|竹書房文庫|2012/08/31-2013/08/17

「超」怖い話 Φ(ファイ) (恐怖文庫)
P223|自|4
者によるが、つじつまや些末な表現が気になってしまうのは、もうそれだけで読む気が失せる。読むけど

続きを読む